外装塗装をするべきタイミングが分からない…
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそのような方に向けて、外装塗装を行うべきタイミングについてご紹介いたします。

□10年が経過したとき
10年を経過したタイミングで、塗装に大きなダメージはなくても、カビや苔などが生えていたり、変色していたりしていないかなどを確認しておきましょう。

□ひび割れ
外壁塗装の寿命が近づき、紫外線や雨水を防ぐことができなくなっている状況です。
細い割れ目から大きな割れ目まで様々なものがありますが、雨漏りの原因にもなるため、なるべく早めにメンテナンスを行う必要があります。

□塗装の剥がれ
外壁塗装が完全に寿命を迎えてしまっている状態です。
こうなってしまうと住宅本体にもダメージが及んでしまうため早急に塗装をするべきです。建物本体の修理を行う場合、外壁塗装よりも高いコストがかかってしまうこともあるので注意が必要です。

□さいごに
今回は外装塗装を行うべきタイミングについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか。
みなさんも自宅の住宅塗装を行うべきタイミングを見極めてみてくださいね。

T-STYLE塚田工務店では、創研構法という木造住宅の弱点を無くした新しい工法での家づくりを行っております。
電話・FAX・Webフォームからお気軽にお問い合わせください。