注文住宅と分譲住宅の違いをご存知でしょうか。
マイホームをお考えの方の中には、注文住宅と分譲住宅のどちらを購入しようかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それぞれに特徴やメリットがあり、目的によって購入すべき住宅も異なります。
今回は注文住宅と分譲住宅の違いについてご紹介していきます。

□注文住宅とは
注文者が自分で土地を購入し、そこに自分の好きな住宅を建てます。

*メリット
デザインや間取りを自分で決められるため、家庭に合った住宅を建てることができます。
専門的な知識があり、デザインや間取りにこだわりたいという人におすすめです。

□分譲住宅とは
注文住宅とは異なり、完成した住宅の中から好みのものを選択し、購入します。

*メリット
最大のメリットは注文住宅と比べて安い値段で購入できることです。
さらに住宅が完成しているため、入居までに仮住まいを用意する必要はなく、住宅価格自体も明確に決まっているため資金計画が立てやすいというメリットもあります。
予算や引っ越し期間に制限があり、デザインや間取りにも大きなこだわりがないという方におすすめです。

□さいごに
今回は注文住宅と分譲住宅の違いをそのメリットに注目してご紹介いたしましたが、いかがでしたか。
是非マイホーム選びの参考にしてみてくださいね。

T-STYLEでは、お客様に合ったお住まいを納得のいくご予算で建てられるようなお手伝いをしていきます。
電話・FAX・Webフォームからのお問い合わせを受け付けております。
お気軽にご相談くださいませ。