フローリングは頻繁に肌が触れるので、できるだけ肌触りの良いものを使いたいですよね。
複合材料にシートを貼っただけのものは安価で手入れが容易ですが、肌触りはあまりよくありません。
では、肌触りの良いフローリングとはいったいどんなものなのでしょうか。
注文住宅業者が肌触りのいいフローリングについて詳しく解説します。

□無垢フローリング
原材料に天然の木のみを使用しています。
天然素材を使用しているので肌触りがとても良く、お部屋の湿度の調整もしてくれます。
また、断熱効果もあり、真夏の猛暑対策になります。

□使用する木の特徴
様々な木材があり、それぞれに特徴があります。
例えば、ヒノキは虫を寄せ付けにくく、栗は水に強いのでキッチン回りに最適です。
無垢フローリングを使うなら、木材選びは欠かせません。

□必要なお手入れ
天然素材を使用するので、年月が経つほど色褪せたり傷が付いたりします。
お手入れを疎かにしてしまうと、経年劣化が早く進行してしまいます。
水に濡れてしまったらすぐに乾かすことが重要です。
一年に1,2回ほどはワックスがけをしましょう。

人生の大半を住まいで過ごすので、肌触りが良く日常的に身近に自然を感じることができる無垢フローリングをぜひ使ってみてはいかがでしょうか。