騒音問題は、集合住宅に住んでいる人がよく直面する問題です。
実は、お部屋のインテリアを少し工夫するだけで解決することもあるのです。
注文住宅業者が音を気にしないための工夫について詳しく解説します。

□壁に大きな家具を置く
音は壁を伝って振動し、聞こえてきます。
まず、壁のすぐそばに本棚やたんすなどの大きな家具を設置してみましょう。
しかし、家具を壁にぴったりくっつけると、その家具に音が伝わってしまいます。
なので、壁から1㎝ほど離して設置しましょう。

□遮音シート
遮音シートは内壁に使われる防音素材です。
音が聞こえてくる壁に遮音シートを貼ってみましょう。
遮音シートは少し見た目が不格好なので、おしゃれな壁紙を上から貼るのもおすすめです。
賃貸住宅にお住みでしたら、壁を傷つけない両面テープなどを使いましょう。

□吸音材
遮音シートはとても効果的なのですが、それでも解決しない場合は吸音材を使ってみましょう。
吸音材はその名の通り音を吸収してくれます。
遮音シートに貼り付けて使いましょう。

□防音カーテン
電車やバイクの音が気になるなら、防音カーテンを使いましょう。
今回紹介したものはホームセンターやネットショッピングで簡単に用意できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。