階段の踊り場というと、学校の階段やショッピング施設の階段をイメージする人もいるでしょうが、住宅においても存在することがあるものです。

よくある階段のタイプは、踊り場のないものですが、踊り場があることで生まれるメリットというのもありますので、住宅づくりの際に踊り場のある階段を設けることを検討してみるのも良いものです。

踊り場があるメリットとしてまず挙げられるのは安全性の向上です。
階段を使って下に移動している時に、万が一足を滑らせたりしても、途中に踊り場があれば、下まで落ちないでそこでストップしますから、事故の軽減につながるわけです。
下の方まで落ちていったら、大怪我をすることもあるでしょうから、心配な人は安心感があって良いものです。

なお、踊り場があると、上に移動する時にもメリットがあります。
途中で休むことができるのです。
高齢者のように、階段移動に体力的負担を感じる人の場合には、こういったスペースがあると助かることもあるでしょう。

また、高齢者でなくても、役に立つと感じることはあります。
モノの運搬をする時の小休止場所となるため、効率良く作業ができるのです。